2016年03月29日

喜久家プロジェクト


故郷、愛媛県の佐田岬半島にある小さな農村「平磯」で、10年前から続けられている「喜久家プロジェクト」!
若者の少ない農村に、国内や海外から若者を呼び、農作業などを共に行い交流を深めるプロジェクトです。
今回そのプロジェクトが、NHKで取材されて、全国放送される事になりましたよー。
是非、ご覧下さい*\(^o^)/*

愛媛県最西端の日本一細長い佐田岬。
そこにあるふるさと伊方町での郷づくり「喜久家プロジェクト」。
明日30日、朝7:45からNHKで全国向けに放送される。
http://blog.goo.ne.jp/kikuya2009/e/21bc6166ef5598b47c219d45560358a6

#喜久家 #伊方町 #プロジェクト

プレゼンツ
by
赤ジャージの詩人・河野広
posted by 河野 広 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐田岬のすゝめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

死の詩


「死の詩」

その人の為なら
自分が死ぬ事など
た易いと考えるのが
恋。

自分が後に残り
相手の死を見届けて
心臓をえぐられる様な
悲しみに耐える
覚悟を持てるのが
愛。

憎まれ口をたたいて
散々嫌われて
死んでやれるのが
真心。

facebook(アーティストページ)
http://facebook.com/akajyajin

facebook(個人ページ)
http://facebook.com/akajyaji

minne
https://minne.com/akajya-ji164

Twitter
twitter.com/hiroshikounoaj

プレゼンツ
by
赤ジャージの詩人・河野広

#死
#詩
#赤ジャージ



posted by 河野 広 at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極端なイメージ


金八先生が流行ってた頃に、腐った蜜柑の話が浸透していたけど、あの話は個人を蜜柑として表現していた。でも今は時代が進んで、平面的に近くの物事を見ずに、立体的に俯瞰で物事を見るようになったから、それに属する全ての人を一つの集合体として見るようになった。
つまり、学生と言う一個の蜜柑。政治家と言う一個の蜜柑。アルバイトと言う一個の蜜柑。
それによって、片面の一部が腐っている為に全部が腐っている、と言う極端なイメージがされやすくなり、極端なルール変更が多くなっていると思う。でもそれはメディアが腐っている部分ばかりを映しているだけで、本当の中身は全く違うんだろうけど、イメージがそれを理解させにくくしていると思う。
もしも、宇宙を支配している神のような存在が居て、その神が、片面の美しい地球を見ずに、反対側のごく僅かな腐った部分だけを見て「あの青い星は、もう腐っているから爆破しよう」と言ったら、誰だって納得いかないでしょう。

facebook(アーティストページ)
http://facebook.com/akajyajin

facebook(個人ページ)
http://facebook.com/akajyaji

minne
https://minne.com/akajya-ji164

Twitter
twitter.com/hiroshikounoaj

プレゼンツ
by
赤ジャージの詩人・河野広

#金八先生
#腐った蜜柑
#イメージ
posted by 河野 広 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | BRAKE TIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

OR


明日、世界の半分の人の心が、あるモノに奪われます。
この言葉を聞いて、世界の半分の人は楽観的な想像をして、残りの半分の人は悲観的な想像をするでしょう。
因みに、僕は後者です。
スマホの画面から、ビビビッて何か出てきて、心を遠隔操作されそうな気がします。

facebook(アーティストページ)
http://facebook.com/akajyajin

facebook(個人ページ)
http://facebook.com/akajyaji

minne
https://minne.com/akajya-ji164

Twitter
twitter.com/hiroshikounoaj

赤ジャージの詩人・河野広
posted by 河野 広 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | BRAKE TIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インピュア


「綺麗な言葉使いは、お金の掛からない御洒落です。」

誰の言葉かは分かりませんが、きめ細かく、優しい言葉ですよね。きっとこの言葉を考えた人の心も同じなんだろうな。
僕の心は蝶々の羽みたいに繊細だ。とか思い上がっていた自分自身を、今恥じています。
道端にしゃがんで、花の写真を撮っている人をたまに見かけますが、そんなささやかな事に喜びや幸せを発見出来る人のピュアな心が羨ましい。まさにそんな人こそ、蝶々だ。
お金探しながら歩く事あっても、花とかどうでもいいもんなぁ。
ピュアじゃないんだねぇ^ ^

facebook(アーティストページ)
http://facebook.com/akajyajin

facebook(個人ページ)
http://facebook.com/akajyaji

minne
https://minne.com/akajya-ji164

Twitter
twitter.com/hiroshikounoaj

プレゼンツ
by
赤ジャージの詩人・河野広

posted by 河野 広 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | BRAKE TIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

無責人間


中途半端なよいしょとお世辞は、実印を押すよりも責任が重い。
世間には、上手いよいしょとお世辞が言える大人=社会人てイメージあるけど、それをして良いのは、その人を最後まで支持する覚悟がある時だけです。そのつもりもなく、それをするのは大きな罪です。
分かり易く言えば、正体も分からない怪獣に餌をやって、一人では歩けない道を途中まで歩いて、制御が効かなくなったら怪獣だけ放って逃げる。子供の火遊びよりもたちが悪いやり方です。そしていつも捕まるのは怪獣だけですが、本当に罪が重いのは、餌をやるだけやって逃げる人間の方です。
僕は、世の中の本当の悪は、最後まで責任を取るつもりもなく首を突っ込む人間だと思う。またその中には、正しい事は正しい。間違いは間違い。分からない事は分からない。とはっきり言えない人間も多く居ますが、最もたちが悪いのは、理解していてわざとやっている人間です。
しかし、そんな人間を罰する法律は無く、罪を立証する証拠も無い。
でも、そこまで掘り下げて変えないと、世の中は変わらないし、怪獣は生まれ続けるでしょう。

「現代人に発達している能力は、さして価値も魅力もないモノを、過剰に褒め称える能力である。」

追記
高校時代に、罰を受ける時間の長さに関係なく「自分がやった事の何が悪かったのかを、自分で納得するまで授業に出るな!」と、何十日も僕を別室に監禁してくれた恩師の言葉の意味が、最近やっと分かり、感謝出来るようになりました。

facebook(アーティストページ)
http://facebook.com/akajyajin

facebook(個人ページ)
http://facebook.com/akajyaji

minne
https://minne.com/akajya-ji164

Twitter
twitter.com/hiroshikounoaj

プレゼンツ
by
赤ジャージの詩人・河野広
posted by 河野 広 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | BRAKE TIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

身分不相応


ずっと感じていた、世の中に対する違和感。こちらが気の毒だとさえ思う程の身分不相応。その原因は、文明の発達と人間の自意識との釣り合いが取れていないからじゃないかなと、想像でしかないですが、僕はそう思います。
大昔(平安とか)は、ある種選ばれた人たちだけが、煌びやかな格好をしていたと思う。ところが現在では、程度の低い、品のない人たちまでもが高価な服や装飾品を身に付けたり、高価な物を所有したりしているから、そこに何とも言えない、気の毒な程の違和感を感じる。
いっそ全員が同じ服を着て同じ大きさの家に住めば、本当に品のある人とそうでない人の違い。その辺りが明らかになるでしょう。
でも、大昔の彫刻家(ミケランジェロとか)が裸の人間の像を多く掘ったのには、裸になれば王様も庶民も同じ人間だ。と言うメッセージが込められているとも言われている。
となると、この違和感は、ずっと大昔の人も感じていたのかな。

世界は未だ未完成のまま何万年も生き続けているが、人間は未完成のまま百年以内に死んで、生まれて、を繰り返す。
そう考えると、それは必然な事なのかも知れないけれど。

facebook(アーティストページ)
http://facebook.com/akajyajin

facebook(個人ページ)
http://facebook.com/akajyaji

minne
https://minne.com/akajya-ji164

Twitter
twitter.com/hiroshikounoaj

プレゼンツ
by
赤ジャージの詩人・河野広
posted by 河野 広 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | BRAKE TIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

母校、三崎高校の存続決定!


以下の記事は、愛媛県立三崎高等学校の卒業生である、田村さんのfacebookの記事より抜粋したものです。田村さんは地元でパン屋をしており、また、母校の大先輩でもあります。

「皆々様の頑張りと支援のおかげを持ち、定員60名に対し 60名の志願となりました。大快挙です!
卒業生のみなさんも関心を持って三崎高校のブログをご覧いただき、寮もリニューアルし、土日も寮を開放していますので、保護者の皆様もご安心いただけると思います。周りの子供や保護者の皆さんに三崎高校を紹介していただければありがたいです。
「勝って兜の緒を締めよ」ではないですが、これをきっかけとして、これを始まりとして「三崎高校だからできる事」また生徒に「三崎高校に来て良かった」と思ってもらえる活動のお手伝いをしていきたいと思います。
地元を離れている方々も、教育振興資金の寄付、情報発信など、引き続きご支援いただけるとありがたいです。」

この記事を読んで、熱い志を持った三崎高校の卒業生である事を誇りに思いました。
日本全国の!いや、全世界の子供達!
最西端の最先端!三崎高校へ行こう!!

http://ehm-misaki-h.esnet.ed.jp/cms/

image.jpeg

プレゼンツ
by
赤ジャージの詩人・河野広

#母校
#三崎高等学校
#最西端
#最先端
posted by 河野 広 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐田岬のすゝめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

犬神のガロ


ジブリ作品では、もののけ姫がイチバン好きだな^ ^
これは噂だが、元々、宮崎監督が決めていたタイトルは「アシタカせっ記」だったが、鈴木プロデューサーが宮崎監督に内緒で「もののけ姫」に変更してポスターを作ったらしい。でも、そのポスターを見た宮崎監督は、特に何も言わなかったらしい。
因みに、写真の白い犬は、故郷、伊方町平磯の柑橘を猪たちから守る犬神のガロである^ ^

image.jpeg

facebook(アーティストページ)
http://facebook.com/akajyajin

facebook(個人ページ)
http://facebook.com/akajyaji

minne
https://minne.com/akajya-ji164

Twitter
twitter.com/hiroshikounoaj

プレゼンツ
by
赤ジャージの詩人・河野広

#ジブリ
#もののけ姫
#サンフルーツ
#猪
posted by 河野 広 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐田岬のすゝめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。